明神様をお迎えする

高野山では宗祖弘法大師と共に、土地の神様である明神様が大切にお祀りされています。1200年前から高野山の山内寺院で大切に受け継がれる"明神様"を院内へお迎えする伝統儀式が9月26日、執り行われました。高野山で明神様とは二柱いらっしゃり、高野山の地を密教の根本道場建設のため使いなさいと、お大師様にくださった狩場明神様とそれに賛同された狩場明神様のお母様とされる丹生明神様です。この行事は、もともと、お大師様が、明神様から、修行の山として、土地をお借りしているという伝説に基づくのだそうです。伽藍の一番奥にある御社(みやしろ)は美しく、かつきらびやかに荘厳されております。

 

明神奉迎とは高野山内の寺院が一年間持ち回りで、明神様をお迎えし、お供え物を毎日取り替え、一日一座のお勤めをいたします。お祀りしている一年間は、お灯明とお香を絶やしてはならないとされております。今年は、いよいよ、その明神様がおまつりしていたお寺より、当院に引っ越しして、やって来られます。 その準備のため、客室の畳換えから始まり、神様に関わるものは、すべて新調(野菜やお米を洗う流しや、冷蔵庫、炊飯器に到るまで、すべてまっさら)神様が入ってくる階段も新しく作り直し、提灯を出したり、幕を張ったり、杉で結界作ったり、そして、いよいよ、今日を無事に迎えることができました。

 

一年間、明神様に居心地良く滞在していただけますよう、寺内一同、ますます精進に励みたいと思っています。

 

 

 


Copyright© Yochiin All Rights Reserved.

高野山宿坊 櫻池院 ・ 成慶院
〒648-0211 和歌山県 伊都郡 高野町 高野山 293
TEL:0736-56-2003 FAX:0736-56-3628
E-mail:info@yochiin.com